女ウケがいい夏のメンズファッション!~社会人編~

日本の夏は暑いです。

梅雨入りが目前に控えた今日この頃、
社会人の皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?

私は、相変わらずゲッソリですが(´д`)、
皆さんの中にも、同様な方は多いでしょう。

しかし!そんな事では、これからの暑い夏を越えられないばかりか、
色んな面で大損なので、今回は社会人向けに、
女ウケがいいメンズファッションを、いくつか考えたいと思います!

今年の夏こそ、スタイリッシュに過ごしたいですね!
画像1

スポンサードリンク

☆パワーポイントでプレゼンテーションをお願いします!

何でもかんでも、それはどうかと思いますが(´д`)、
まずは、女性が気にするポイントを考えましょう。

・髪の毛の長さ

もちろん、誰が見ても、その髪型が似合っているならば例外ですが、
そういった方は極めて少数だと思うのです。

特に夏場は、清潔感を重視して、
サッパリした髪型にしておきましょう。

ヘアスタイルから、さわやかな夏をイメージしましょう!
画像2

・個性が強すぎるファッション

ある程度のオシャレは、女性にとても好印象ですが、度が過ぎると、
かえってマイナスとなる場合が多いのです。

理由ですが、一般的な服装の女性ですと、
一緒にいて浮いてしまうからです。

ある意味、ここ迄くれば清々しいです(´д`)。
画像3

・時と場合を考える

これはオシャレ以前の問題ですが、実によいスーツを着こなしても、
場所によっては浮くだけですし、その逆もまた然りです。

ギャップが気にならない程、服が似合う方もいますが、
本当に例外といえるでしょう。
画像4

これらは実に基本的な話ですが、案外見落としがちな事ですから、
十分に注意しましょう。

☆要点を、簡潔且つ具体的に説明して下さい。

そればかりが文章ではないですが(´д`)、次に挙げる事として、
女性に受けがいいアイテムを、いくつか挙げたいと思います。

・清潔感重視でポロシャツ

定番過ぎて、あまりにも当たり障りがないですが、逆にいえば、
定番のアイテムを、クールに着こなしてこそ、
スタイリッシュな夏を演出できるといえるのです。

ありふれた中に違いを見せてこそ、スタイリッシュともいえます。
画像5

・テーラードジャケットの組み合わせ

これこそ、大人の男がスマートに着こなす、夏のファッションの
代表格といえます。

特に定番は、ジーンズとの組み合わせでしょう!

年齢を問わず、クールに着こなせるのが、
テーラードジャケットの渋さでもあります。
画像6

・服に合わせた靴を使う

オシャレの基本は足下からとは、昔からよくいわれますが、
折角のコーディネートも、いつも同じ靴ばかりでは、女性もゲンナリです。

少し離れた視点で見ると、以外と、足下に目が行くのが分かります。
画像7

いかがでしょうか?

これ等のポイントを押さえるだけでも、
好印象を十分に与えるでしょう。

☆更なるBrush upでSynergyを引き上げたいのです(キリッ!

無闇に横文字を並べても、どうかと思いますが(´д`)、
他には小物の組み合わせですけれど、夏場は基本的に軽装なので、
あまりあれこれと付けずに、一つ二つを用いるのがよいでしょう。

お勧めとしては、サングラスや帽子といった、
夏の強い日差しを軽減させるアイテムですが、
ただ単純に身に付けるだけではなく、
組み合わせのバランスを考えましょう。

サングラスにも色んな種類があるので、
色々と試してから使うのがよいでしょう。
画像8

帽子の場合は、あまりゴテゴテした印象を与えないように、
服装とのバランスを考えましょう。
画像9

いかがですか?

小物の組み合わせだけでも、
かなり違った印象を与えますので、色々と考えてみましょう!

☆業務(ネトゲ)が忙しくて中々探せません。

そうはいっても仕事が忙しいから、店には足を運べないなあ・・・。

という方も多いでしょう。

そこで、お勧めのアイテムをいくつか紹介したいと思います!

裏地にドット柄を用いた、これからの時期にピッタリな、
さわやかな感じのポロシャツです。

カラーバリエーションがとても豊富で、
品質がよいポロシャツです。

細かい部分まで丁寧に作られた、
大人のテーラージャケットです。

夏の日差しに対抗できて、視界がとても良好な、
スタイリッシュなサングラスです。

日差しが強い日にサッと身に付けられる、
とてもさわやかな色合いのストローハットです。

☆あとがき

いかがでしたか?

今年の夏は、ビジネスやプライベートに、大人の
男性をバシッとアピールして、奴とは違うのだよ、奴とは!
とでも見せ付けましょう!

その頃私は、エアコンがバシッと効いた部屋で、
業務をこなしますよ(´д`)。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ