2020年高校生のモテる春のメンズコーデ!マネキン買いもおすすめ!

コロナウィルスで大変な時ですが皆さんはいかがお過ごしですか?

今年は例年に無い暖冬なので、今から春の準備をしたい所です。

 

そんな折に「高校生メンズコーデ」と言ったお題が来ましたので、2020年の傾向を踏まえつつモテる春のメンズコーデを話したいと思いますよ。

 

今年は早目の準備をしましょう。

画像1

スポンサードリンク

 

☆今年はどんな服が流行しそうですか(*´з`)?

と言う事で、先ずは「2020年の流行ファッション」に付いて話したいと思います。

2020年春の流行としては、ストリートファッションにスポーツ感を取り入れた「スポーツストリート」が今年は人気が出そうです。

画像2

また、今年人気のカラーとしては少しくすんだ色合いの「赤」・「オレンジ」・「青」が人気となりそうです。

画像3

画像4

画像5

 

その上で、今年は「コーチジャケット」・「ミリタリージャケット」・「マウンテンパーカー」・「サイドラインパンツ」と言った服が流行しそうですから、これ等を考慮してコーデをすると良いでしょう。

画像6

画像7

画像8

画像9

 

☆女の子にモテるコーデが欲しいのだよ( ゚Д゚)!

次は「女の子にウケが良いコーデ」を話したいと思います。

基本的に、世代を問わず女性は「清潔感」を重視し、ゴテゴテした服装や暑苦しそうな服装を嫌います。

洗って無いなんてのは論外ですw。

画像10

画像11

画像12

 

そして春の場合ですが、暖かいのに厚着な服装だったり冬服を着ていたりすると、「季節感が無い」とか「野暮ったい」と言われるのが落ちですので、シンプルでスッキリした服装を心掛けましょう。

 

基本的な春コーデは、薄手のトップに細目のボトムにしてスマートな印象を与えます。これに薄手のオーバーで寒さ対策をするのです。

画像13

 

服選びのポイントとしては、トップ・ボトム・オーバーの色や柄が似た感じにならない様にしつつ、落ち着いた色合いの物を選ぶ事が挙げられます。

画像14

画像15

 

また、春にお勧めの服を幾つか紹介しますので、どれを選べば良いかが分からない時は是非ご参考にして下さい。

 

春先は昼間と朝晩の温度差が大きいので厚手のパーカーはとても重宝します。

太目の糸をしっかりと使った二重の生地で温かく、ゆったりとした大き目のサイズでサッと着られるパーカーです。

 

パッと見た目はタイトな作りのデニムジャケットですが、伸縮性に富んだストレッチ構造で抜群の着心地な上に、ポケットがとても使い易いのでお勧めの一着です。

 

冬場の様なモコモコ厚手のニットセーターですと、日中はかなり暑苦しくなりますので春用のニットセーターは必需品と言えます。

こちらのニットセーターはチクチクしないので花冷えの頃にお勧めです。

 

今年の流行と言える「サイドラインパンツ」ですが、こちらのジョガーパンツはゆったりとして動き易く、スウェット生地で履き心地が良いので普段着に最適です。

 

☆マネキン買いが良いと聞きましたが・・・(@_@)?

先程は、「女の子にウケが良いコーデ」を話しましたが、最後に「マネキン買いのポイント」を説明しますので、コーデに迷った場合はご一読下さい。

 

マネキン買いとは「全身のコーデを一組にした服のセット」です。

なので、忙しくて服を選べない方や自分で服の組み合わせをした事が無い方には、特にお勧めの買い方なのです。

画像16

 

その反面、最初からセット販売である事からサイズ調整が出来ない場合があるので、購入の前にサイズの確認をしておきましょう。

以下にお勧めのセットを紹介しますので、急ぎで欲しい方やマネキン買いを試したい方は是非ご検討ください。

 

スポーツカジュアルの定番と言えるのがジャージですが、さり気無く使われているシャドーストライプがカジュアルな雰囲気にしています。

 

こちらのスポーツジャージのセットは、ポリエステル製でサラッとした履き心地で汗を直ぐに発散させるので、スポーツだけで無く色んな場所で気軽に使えます。

 

春先のちょっとした余所行きに便利なのがこちらのテーラードジャケットセットです。

撥水加工が施されたナイロンのジャケットとパンツは、通気性も良く動き易い作りなのでお勧めです。

 

デニムジャケットやデニムパンツを着たいけれど、どうにもゴワゴワするのが気になる・・・そんな方に是非勧めたいのがこのスウェットデニムセットです。

伸縮性が抜群で履き易く、カラーバランスが絶妙な良品です。

 

☆あとがき

いかがでしたか?

今年の春は例年よりも早そうですから、今から春のコーデを考えておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ